カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
敬老の日~祖父母へのはがき作り~

IMG_5609.JPG

DSC00196.JPG

DSC00201.JPG

DSC00717.JPG

DSC00861.JPG

9月22日は敬老の日。
幼稚園では、毎年この時期、祖父母参観を行い、コマやけん玉、折り紙などの伝承遊びを一緒に楽しんだり、こどもたちのリズムを披露したりしています。しかし、今年は感染症のため、実施が難しく、祖父母の方へはがきを作って送ることにしました。
年中いちご組は染紙、年長すみれ組は園庭にある、もみじの葉っぱを使ってコラージュをし、すてきな作品を作りました。「おじいちゃん、おばあちゃんは何色が好きかな?」「ありがとうの気持ちをこめて丁寧に作ろう」すみれ組は、もみじの木からお気に入りの葉っぱを選ぶところから自分たちで行い、押し花にし、思いをこめて丁寧に作っていました。
そして、先週のもみじ探検隊の際、ポストに自分たちで投函しました。「ぼくたちの気持ち、届くといいな」「郵便屋さん、よろしくお願いします」
4連休を終え、久しぶりに登園したこどもたちからは「おばあちゃんから、はがき届いたよって電話があったよ」とうれしそうに報告してくれました。
祖父母の方への親しみをもち、感謝の気持ちをもつだけでなく、離れていても、つながりを感じられる機会となりました。
そして後日…年長さんは郵便やさんごっこを楽しんでいました。「お届けです」本物さながらに、切手を貼り、スタンプを押し、配達する…こどもたちが興味をもち、経験したことを遊びの中でも再現して遊べるように担任の先生が用意したものです。手紙という日本古来の伝統文化もこどもたちに大切に継承していきたいと思います。

公開日:2020年09月24日 10:00:00
更新日:2020年10月02日 17:25:55