こどもたちの活動

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
リレー遊び

IMG_0345.JPG

年長組が今夢中になって遊んでいるリレー。
リレーを通して、こどもたちが学んでいることを就学前教育スタンダードの視点で考えます。
〇繰り返し走る、もっと速くなりたいと自ら取り組み、腕を大きく振る、足を速く動かし、全身を使って動いています。
→【健康な心と体】「のびのびと体を動かす」
〇勝負に負けたとき、どうして負けたのか、どうしたら勝てるのか理由を考え、改善し、またやってみようとしています。
→【自立心】「自分でよく考える」
〇チームの仲間にバトンをつなぐ、一緒に走って楽しさを共有する、勝ちたいという共通の目的のために仲間と力を合わせています。
→【協同性】友達と遊ぶことを楽しむ
〇最初は、自分が勝てればそれでいい、という姿でした。少しずつ、負けてしまった相手のチームの気持ちに気づき、頑張りをたたえる拍手を送るように…。また、同じチームの友達の気持ちを思いやる姿も見られています。
→【道徳性・規範意識の芽生え】「相手の気持ちを考える」
〇「ありがとう。~くんのおかげで勝った」とチームの仲間に声をかけている場面も…。互いに認め合い、友達に応援してもらう中で、チームの役にたったという実感を感じたり、自信をつけたりしています。
→【社会生活との関わり】「ありがとうと言われる嬉しさを感じる」
〇勝ったり負けたりする経験を通し、「バトンを落とさないように”ハイ”って声をかけて渡すのはどうかな」「手はグーにした方が速く走れるかも」と取り組んでいます。
→【思考力の芽生え】「十分に試したり、工夫したりする」
〇リレーではゼッケンを着て、走る順番に並び、「黄色チームの方が1人足りない。2回走る人が必要」と数を調整したり、「1、2、3…」と数字を数えて片づけたりするなど、数字の便利さを知り、数に関わる感覚が豊かになっています。
→【数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚】「数や文字などに関心をもつ」
〇チームの仲間と走順を話し合うとき「私は1番で走りたい」と伝えたり、負けてしまったチームが「ねえ、後で練習しようよ」「じゃあ、仲間に言ってくる」と呼び合ったりしています。
→【言葉による伝え合い】「楽しく話したり、聴いたりする」
リレー1つをとっても、こんなにたくさんの学びがあります。
当日の勝ち負けだけがすべてではありません。
幼稚園では、一つ一つの活動に取り組む過程で育つことを大切にしています。

公開日:2020年10月23日 12:00:00
更新日:2020年10月23日 16:42:21

カテゴリ:生活や行事の様子
「ようちえん 40しゅうねん おめでとう~40周年の集い~」

IMG_7480.JPG

CIMG6385.JPG

今年は、もみじ幼稚園が40歳を迎える特別な年です。本来は、たくさんのお客様や地域の方をお招きし、式典を行う予定でしたが、感染症対策のため、やむをえず中止となりました。
そこで、今日「40周年の集い」として、こどもたちだけでお祝いをしました。
最初に幼稚園の40年のあゆみを、スライドショーで見ました。幼稚園ができたのは、昭和55年。その年の初めての入園式の様子、昔のプールで遊ぶこどもたちの様子、昔のこどもたちがお米を作っている様子、昔の幼稚園の門の様子、昔のもみじ探検隊で、中の橋商店街を歩いている様子…
「幼稚園の門のところに絵があったんだね」「僕たちも、お米作っている」こどもたちは、じっくりと写真を見て、今と昔、変わること、変わらないことを感じていました。
スライドショーの後は、いよいよ横断幕の完成披露です!こどもたちが「幼稚園おめでとう」の気持ちを込めて作ったお祝いの飾り。年中いちご組は、手形を使って、かわいいもみじちゃんを作りました。年長すみれ組は、セロハンを使った、すてきな飾り(ステンドグラス)を、丁寧に仕上げました。
完成した横断幕にこどもたちの歓声が響きました。
横断幕は、来週から幼稚園の周りに飾る予定です。
地域の方、保護者の皆様、こどもたち、幼稚園に関わるすべての方、いろいろな方に愛されて、今のもみじ幼稚園があります。
幼稚園の誕生日をお祝いするとともに、幼稚園の歴史を知り、いろいろな方への感謝の気持ちを大切にできるようにしています。

公開日:2020年10月09日 16:00:00
更新日:2020年10月09日 17:23:43

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
サッカー教室

DSC01164.JPG

DSC01166.JPG

DSC01199.JPG

DSC01213.JPG

IMG_3886.JPG

東京都サッカー協会の方、そして、東京ヴェルディのコーチが来てくださり、楽しくボールに触れながらサッカーをしました。最初は、スキップをしたり、スキップをしながら鬼ごっこをしたり、ボールを投げてキャッチしたり…ボールはまだ使いません。鬼ごっこをするとき、前や後ろ、周りをよく見ますよね。サッカーといっても蹴るだけでなく、上半身の動きがとても大切であり、サッカーは体全身を使う競技なんだと教えてもらいました。
そのあとは、一人一つのボールをもらい、ドリブルやシュートをしました。だんだん、ボールと仲良くなるこどもたち。
最初は緊張気味だったこどもたちの表情が、だんだんとイキイキし、ボールを追う表情は真剣になってきました。
最後は、チームに分かれ、試合をしました。
今日のサッカー教室で、コーチが繰り返し言っていた言葉。「あきらめない」
最初はできないのは当たり前。うまくいかなくても、次はがんばろうとあきらめない気持ちをもつことの大切さを教えてもらいました。
幼稚園では、いろいろなスポーツに触れる機会を通し、体を動かす心地よさを十分味わうとともに、来年に控えたオリンピック・パラリンピックを楽しみにできるようにしています。

公開日:2020年10月02日 14:00:00
更新日:2020年10月02日 17:28:16

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
敬老の日~祖父母へのはがき作り~

IMG_5609.JPG

DSC00196.JPG

DSC00201.JPG

DSC00717.JPG

DSC00861.JPG

9月22日は敬老の日。
幼稚園では、毎年この時期、祖父母参観を行い、コマやけん玉、折り紙などの伝承遊びを一緒に楽しんだり、こどもたちのリズムを披露したりしています。しかし、今年は感染症のため、実施が難しく、祖父母の方へはがきを作って送ることにしました。
年中いちご組は染紙、年長すみれ組は園庭にある、もみじの葉っぱを使ってコラージュをし、すてきな作品を作りました。「おじいちゃん、おばあちゃんは何色が好きかな?」「ありがとうの気持ちをこめて丁寧に作ろう」すみれ組は、もみじの木からお気に入りの葉っぱを選ぶところから自分たちで行い、押し花にし、思いをこめて丁寧に作っていました。
そして、先週のもみじ探検隊の際、ポストに自分たちで投函しました。「ぼくたちの気持ち、届くといいな」「郵便屋さん、よろしくお願いします」
4連休を終え、久しぶりに登園したこどもたちからは「おばあちゃんから、はがき届いたよって電話があったよ」とうれしそうに報告してくれました。
祖父母の方への親しみをもち、感謝の気持ちをもつだけでなく、離れていても、つながりを感じられる機会となりました。
そして後日…年長さんは郵便やさんごっこを楽しんでいました。「お届けです」本物さながらに、切手を貼り、スタンプを押し、配達する…こどもたちが興味をもち、経験したことを遊びの中でも再現して遊べるように担任の先生が用意したものです。手紙という日本古来の伝統文化もこどもたちに大切に継承していきたいと思います。

公開日:2020年09月24日 10:00:00
更新日:2020年10月02日 17:25:55

カテゴリ:生活や行事の様子
もみじ探検隊~虫取り~

DSC00722.JPG

DSC00765.JPG

DSC00757.JPG

DSC00763.JPG

今日はもみじ探検隊で、大島8丁目公園(通称:かいじゅう公園)に虫取りに行きました。
お家の人と一緒に作った、自分の虫かごを持って、いざ出発!
「どこにいるかな」「虫さんは、かくれんぼが上手だね」「バッタはジャンプの名人だ。なかなかつかまえられない」「すみれ組さん、どこにいたのか教えて」「あっちだよ」
自然の中で、探したり、発見したり、触れたりして、自然とかかわり、気付いたことを友達同士で伝え合う言葉がたくさんとびかっていました。そして、公園を出て幼稚園に戻る際、先生が「つかまえた虫をどうする?」とこどもたちに投げかけます。つかまえてうれしいだけにとどまらず、虫の立場になって考えたり、幼稚園に戻って飼いたいというこどもの気持ちに寄り添うことを大切にしたりしています。
幼児期こそ、自然に関わる教育(感動体験)が重要であり、生涯の人間形成に関わると考えています。
明日から始まる4連休…公園に虫取り散歩もおすすめです。大人も童心にかえって楽しめますよ。

公開日:2020年09月17日 14:00:00
更新日:2020年09月18日 13:17:00

カテゴリ:生活や行事の様子
幼稚園でしかできない体験を

IMG_3413.JPG

IMG_3446.JPG

先日、暑い気候の日…
園内がこどもたちのすてきな作品でカラフルに彩られました。
年長5歳児は、園庭にあるうんていや鉄棒、サッカーゴールなどにビニールが張られ、絵の具でお絵かきです。
絵の具に少しのりを混ぜた「魔法の絵の具」を手に、こどもたちが思い思いに筆をとります。
絵の具や筆の経験は、もちろんありますが、外で、ビニールに描くなんて初めての経験!こどもたちはとてもキラキラしていました。思い思いに絵を描いたり、透明なビニールだからこそ、描いている友達の顔が見えたり、手を合わせたり…ダイナミックに描き、楽しんでいました。
年中いちご組はフィンガーペインティング。ゆびえのぐと言われる絵の具を使って、ぬるぬる~触感を楽しんでいました。色を混ぜて、色が変わる面白さを感じたり、指で絵を描き、その絵を紙で写し取ったり、大きな紙にペタペタ…手形のスタンプを楽しんだり、ときにはお腹や腕にたっぷり絵の具をつけてみたり…最後には大きな紙に手形で花火を打ち上げたりして楽しみました。
家では、なかなか難しい絵の具や感触遊び。
幼稚園では、2年間の園生活の中で計画的にいろいろな遊びの経験を取り入れています。ダイナミックに、自分を開放して遊ぶことも楽しめるようにしていきたいですね。

公開日:2020年09月16日 16:00:00
更新日:2020年09月16日 17:23:00

カテゴリ:生活や行事の様子
今日から幼稚園!~夏の遊びの再現を通して~

DSC00014.JPG

DSC00025.JPG

IMG_3645.JPG

IMG_3681.JPG

夏休みが終わり、昨日からこどもたちが登園しています。
久しぶりの幼稚園。はじめの会に参加する年長組の姿は、姿勢が凛とし、一回りも二回りも大きくなったように、成長を感じました。
今年は、いつもの夏休みと違い、お家で過ごすことが多かったり、お祭りや花火など夏の風物詩とよばれる行事のほとんどが中止になってしまったりしました。経験することが難しかった夏の遊びを再現して遊べるよう、幼稚園では、担任の先生が環境を準備しています。
金魚すくいに、かき氷作り、BBQにお祭りやお神輿など…
年中いちご組は、表現遊びを楽しんだ後、夏休みに楽しかったことの絵を大きな紙に描いていました。
就学前教育スタンダード【豊かな感性と表現】いろいろな表現を楽しむことと明記しています。
作ること、描くこと、なりきること、話すこと、身体を使った表現など…様々な表現方法に出会い、自分のイメージを表し、楽しめるようにしています。

公開日:2020年09月01日 15:00:00
更新日:2020年09月02日 10:17:44

カテゴリ:生活や行事の様子
~夏休み中のお知らせ~交通ルールを守って、自分の命を守ろう!

みなさん、元気ですか?
毎日暑いですね。今日は、交通安全についてのお話です。
外出した際に、怖いのが熱中症、コロナウイルス感染症、海や川での水難事故、そして交通事故です。
今年に入って、都内では、子供が死亡する交通事故が増えているそうです。その多くが、飛び出しや、青信号を渡っていての車との接触などです。コロナウイルスの感染拡大で、交通量が減り、スピードを出す車が増えたことが影響しているとみられているそうです。
「横断歩道で、青信号でも、車がくる可能性があることをこどもに知らせてほしい」と警察の方が仰っていました。
いちご組やすみれ組さんは幼稚園で先生に教えてもらった交通マナー「一度とまって右・左・右」をしっかりやろうね。
お家の方は、こどもがしっかり信号を見ているか、自分で止まっているか、を確認してあげてくださいね。
交通ルールを守ることが、自分の命を守ることにつながります。事故もなく、元気なみんなに会えるのを楽しみにしています!

公開日:2020年08月17日 14:00:00
更新日:2020年08月17日 15:05:39

カテゴリ:生活や行事の様子
夏休み中の幼稚園~ピカピカ大作戦!~

みなさん、元気ですか?

とても暑い日が続いています。熱中症に気を付けて過ごしてくださいね。

今日は夏休み中の幼稚園をのぞいてみましょう!

まずは、いちご組とすみれ組の部屋を見てみると…

なにもありません!!

…というのも、みんなが夏休みの間、主事さんが保育室や廊下、職員室にワックスをかけてくれました。

部屋の荷物はすべて廊下に出し、ワックスをかけると…部屋はぴっかぴか!!

とても気持ちがいいです。

そして、みんなの部屋をのぞいてみると…

ひなたぼっこの真っ最中でした。

みんなが気持ちよく遊べるように、遊具の大掃除中です。

大掃除といえば…みんなも夏休みに入る前、「ピカピカ大作戦」で、自分たちが使ったおもちゃやロッカー、整理整頓をしながら大掃除をがんばっていましたね。

すみれ組さんは、砂場のおもちゃも全部洗ってくれて、いちご組さんから「僕たちの分まで…」「ありがとう」と言われて、嬉しそうにしていたり、「僕たち、年長だからね」と、頼もしい顔を見せてくれたりしました。

いろいろなことができるようになった、いちご組さん、すみれ組さん。

ぜひ夏休み中、お家でもできることを見つけて、お手伝いしてみてね。

先生に教えてもらって上手になった雑巾しぼりも、お家の人に見せてあげよう!

そのとき、お家の方は、ぜひ「ありがとう」「助かったよ」の温かい一言をかけてあげてください。

(時には、こちらの仕事が増えてしまう…、言える気分じゃない…なんて時もあるかもしれませんが、そんな時には、こどもでもできる簡単なお手伝いを提案すると、こちらもイライラしません。)

就学前教育スタンダードでも、

【社会生活との関わり】「ありがとう」と言われる嬉しさを感じる と明記されています。

人の役に立つ喜びを感じる幼児を育てていくとともに、自分という存在がいいものだと感じる原体験を重ね、自己肯定感を高めていきます。

公開日:2020年08月13日 10:00:00
更新日:2020年08月13日 14:48:57

カテゴリ:生活や行事の様子
セミの羽化の様子を目撃!急遽ビデオ撮影会をしました!

DSCF8374.JPG

DSCF8383.JPG

自然観察会後、こどもたちは、園庭で虫取り網を片手に、セミ取りを楽しんだり、セミになりきって表現遊びを楽しんだりしていました。
明日から夏休み、という前日の夜のこと。先生が偶然セミの羽化が始まる様子を目撃!!「これは、ぜひこどもたちに見せてあげたい!」とビデオを回しました。さなぎから、少しずつ少しずつ出てくる様子を撮影することに成功し、急遽ビデオ撮影会をしました。約1時間かけ生まれてきた羽化の様子を、コマ回しでこどもたちに見せると「すごーい!」「色が違う」「羽が最初は曲がっている」など、気付いたことや不思議に思ったことを興奮した様子で話していました。
5、6年土の中にいて、地上に出てきて約2週間という限りある命。必死に生まれてこようとする、セミの羽化の様子を見たこどもたちは、セミの鳴き声を聞くたびに、「元気に生まれてきてくれてよかったね」と、やさしい気持ちが見られました。
就学前教育スタンダードでも、
【自然との関わり・生命尊重】自然にたっぷりと触れる、ことが明記されています。自然豊かなもみじ幼稚園。豊かな直接体験を通して、自然に対する畏敬の念、親しみ、愛情だけでなく、科学的あるいは数学的な見方や考え方の芽生えを培う基礎となるものとして、大切に育んでいきます。

公開日:2020年08月07日 16:00:00
更新日:2020年08月07日 18:26:57